整体師 マッサージ師

整体師とマッサージ師、どう違うの?

整体師になろうと調べてみますとマッサージという言葉の他にマッサージ師という職業を見かけることが多いと思います。今回はこのマッサージ師と整体師の違いを説明したいと思います。

 

マッサージ師

正確にはあんまマッサージ指圧師という名称の国家資格を持った人のことを言います。

法律によって、あん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術者と認められていて。 専門学校や大学にて専門の課程を受けて、国家試験を受験し合格することでマッサージ師になることが出来ます。

 

マッサージ師は国家資格のために就職面においては非常に有利な資格であるとともに医師の同意書があれば保険による治療を行うことや介護の現場において機能訓練指導員として働くことや介護支援専門員の受験資格を受ける事もできます。

 

しかしながら視覚障害者の就業する職業でもあるため、健常者が受けることが出来る学校は少なく、門戸は狭いという現状があり。独立開業することも可能ですが、他の鍼灸院や整骨院と比べて収入は少なくなりやすいため、ほとんどの方はどこかに就職していることが多いです。

 

整体師

こちらは国家資格ではなく、各種民間資格となっております。その為、保険による治療などを行うことはできません。

 

学校においても、4年制の大学から3か月の短いスクールまで、様々な種類があります。ですが基本的にどこのスクールでも高卒以上であれば入学は可能ですので、門戸は広いと言えます。

 

また学校によってはカイロプラクティックや推拿といったマッサージ師が学ぶものより専門的なものを学ぶ機会に恵まれており、海外研修やインターン制度なども充実しているため、選択の幅は非常に広いものの、様々なチャンスに恵まれているものと思います。

 

国家資格者が行わない猫背矯正や骨盤矯正を積極的にアピールしやすいためか、独立開業してやっていくという方法や就職面でも整体院やリラクゼーションサロンの他、介護での就職が可能となり国家資格者とは別の方向で有利になりやすいことがあります。その為か、国家資格者であるマッサージ師でも整体の専門学校に入りなおして、より専門的なテクニックを学ぼうという人もいるほどです。

 

整体師とマッサージ師、どちらがいいの?

国家資格の有無で考えれば、マッサージ師を選ぶのが良いと思いますが、今の時代、保険のみの治療は難しくなってきており国家資格者も整体をアピールするようになっております。そうなりますと、専門的な授業を受けた整体師の方が一歩リードしておりますので、整体師になることをお勧めします。

 

勿論、両方なることは可能ですので色々と学んでみたい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

>>整体師 資格の費用 TOP