整体師 資格 将来性

整体師の将来性と求人状況

整体師 目的

現在整体師は民間の資格ですが、スクール等も多数あり、スクールの系列のサロン等や個人開業等多数の業態であるのが現状です。ショッピングモールの中や銭湯などの施設と併設といったものなど手軽に体験できるものがあり、非常に身近なものになったと考えられます。

 

整体を行う目的としては
スポーツをされている方

 

事故等の後遺症に悩まれている方

 

美容目的の方

 

これからの目的で多くなると考えられる高齢者の機能回復などの整体が必要とされるものが多くあり、これらを総合的に考えると需要は今後さらに高くなると言えるでしょう。

 

独立開業の場合は技術がしっかりしているかが第一前提になると思いますが、口コミなどの新規のお客さんがあり、また既存のお客様(リピーター)が常にいることが開業についての重要なポイントと言えそうです。

 

整体師の求人状況

整体師の求人

現在スクール等においては、資格取得後に求人の斡旋があるものもあります。また整体師の求人のサイトなどもありますので、こちらを検索して検討することもできるでしょう。近所の折り込み紙、フリーペーパーなどの求人誌に掲載されていることも多いです

 

現在の求人状況については

 

専門求人サイトのリジョブで調べたとこでは、大手サロン、個人経営の医院等の求人があります。リフレ等のサロン等の場合給与体系について業務委託が多いようですので、実際勤務する場合は事前に確認すると良いでしょう。

 

また実際に常勤で働く前にアルバイトで働いて、実際の業務などを体験してみるのも良いかもしれません。求人数について地域格差は多少ありますが、一定数の求人はあります。

 

現在整体院の施術の場合(整体師が行うものについて)

整体院の施術

保険適用の業務を行うことはできなせんが、保険適用外であっても施術を希望とする高齢者機能回復目的の需要が増える可能性があります。高齢者が増えて自分の健康管理を気にされる方も多くなってくるのでこちらでの需要は多くあると考えられそう

 

近年はストレスが多い社会の為、こちらの改善がリラクゼーション効果もあるような整体の需要といったものも多くあると考えられるでしょう。いずれについても高い施術の技術がお客様の信頼といったものにつながるようですので、日々技術力を高める必要性はありそうです。

 

 

 

>>整体師 資格の費用 TOP